英語は難しくない!子供の英語は興味から

現代社会はグローバル化され今や高校、大学とどこを受験するにも英語はついてきます。

そんな中、子供が英語を学習にはやはり無理やりではなく自然と興味を沸かせる方法が必要です。

私は小学校、中学校と英会話教室に通っていました。

当時は同じ小学校の仲間と楽しく学習できており、英語が身近に感じられ次々と積極的に学習しており、勉強を勉強と感じなかったのが大きかったです。

しかし、中学に入り英会話教室をやめてしまい新しい実践英会話教室に通いました

この時は自分の意志ではなく、親に無理やり入れさせられたのを覚えています。

そこには女子しかおらず、特に話も合いませんでしたし、また楽しく勉強というよりも英会話をしながら勉強をするというスタイルで親に辞めたいと言っても聞いてくれず、かえって英語の成績が停滞してしまいました。

ここで振り返ってみるとやはり自分からやりたい、英語は楽しいと思うことが必要だと感じました。

ちなみに私の妹は東京外国語大学に現役ではいることができましたが昔から英語に触れることが好きで兄である私が英会話教室に通っているのをみて興味を持ったそうです。

つまり子供のうちに英語を身近に感じるように英語の歌を流してみたり、おもちゃなども今は発達しているので例えばリンゴを触るとアップルというようなおもちゃで自然に英語への興味を持たせることが重要だと考えます。

『好きこそものの上手なれ』の通りだと私は思っています。

英語は日本語を自然にしゃべれるようになった通り、英語圏では日常の会話ですから決して難しくはないものです。

その認識を崩さないように子供のころから身近に触れるもの、気がついたら自然と勉強できるものとしておくといいと思います。